NTTドコモのポケット型WiFi

ドコモのポケット型WiFiは本当におすすめ?料金や速度を比較

ドコモのポケット型WiFi端末は現在、Wi-Fi STATIONシリーズが展開されています。

大々的に売り出しはしていませんが、おすすめポケットWiFiとしてドコモの通信の安定性と高速通信を実現しているということで高スペックを求めるユーザーに人気となっています。

どちらかといえば玄人の個人や法人が契約するような内容で、他のポケット型WiFiと比較して若干高額です。

このページではドコモのポケット型WiFiは本当におすすめか解説していきます。

ドコモのポケット型WiFi「Wi-Fi STATION SH-54C」

現在、ドコモのポケット型WiFiとして「Wi-Fi STATION SH-54C」が販売されています。

これまでシャープ製のWi-Fi STATIONシリーズが展開され、SH-54Cは2023年に発売され、5G通信も実現しているものになります。

スペックは以下の通りです。

端末名称Wi-Fi STATION
SH-54C
通信速度(下り/上り)4.9Gbps/1.1Gbps ※5G
1.7Gbps/131.3Mbps ※4G
端末価格96,800円
サイズ(mm)約84×157×16.0
重量約282g
バッテリー容量4,000mAh
無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n(Wi-Fi 4)/ac(Wi-Fi 5)/ax(Wi-Fi 6)

参考:https://www.docomo.ne.jp/product/sh54c/

ドコモのポケット型WiFiの料金プラン

下記の図の通り、ドコモのポケット型WiFiを使うにはeximoのプランに加入することになります。

通常、無制限に使うというニーズが多いでしょうから必然的に3GB~無制限に使えるギガを使い放題のプランになるでしょう。

ドコモの光セット割やdカードの割引があれば最大の割引の恩恵を受けることができ、月額4,928円で使うことができます。

ドコモeximoの料金

なお、この料金に加え、データ通信を行うオプションを付ける必要があり、実質6,000円程度の料金となります。

すでにドコモのスマホをご利用ならデータシェアも可能なので端末代とオプションのみの料金だけになりますので、お得に使うことができます。

参考:NTTドコモeximo

ドコモのモバイルWiFiを使うメリット・デメリット

ここではドコモのポケット型WiFiを使うメリットとデメリットをお伝えします。

ドコモのポケットWiFiを使うメリット

ドコモのポケット型WiFi メリット・デメリット

持ち運びができるモバイル性

ドコモのポケットWiFiは携帯可能な小型ルーターであり、どこにでも持ち運びやすいため、外出先や旅行先でもインターネット接続を利用できます。

ドコモ回線の高速通信と安定性

ドコモは高速で安定した通信速度を提供しており、ポケットWiFiもその恩恵を受けます。特に5G対応の機種では、さらに高速な通信が可能です。

特にドコモの通信速度はauやソフトバンクのポケットWiFiよりも高速で最大4.9Gbpsとなっており、エリアも広く安定した通信を実現しています。

ドコモのポケットWiFiの残念な点・デメリット

料金が他社より割高

eximoのプランはあくまでスマホを利用するプランが基本となっていますので、光セット割などの様々な割引が適用されないと7,000円以上の高額料金となるので注意が必要です。

他のポケット型WiFi専用のプランを展開する事業者なら4,000円台で使うことができるので費用の差は大きいです。

機種のスペックが少し劣る

バッテリー容量と連続利用時間の観点で他のポケット型WiFiと比較して若干劣る点はデメリットです。

ドコモのポケットWiFiについてよくある質問

データ端末代の割引キャンペーンはありますか?

現状、ドコモのデータ通信端末Wi-Fi STATIONシリーズの割引キャンペーンは過去現在ともにありません。

分割払いか一括払いで購入する必要があります。

ドコモのポケットWiFiは無制限で使えますか?

ドコモの料金プラン「eximo」の無制限プランを契約すればデータ通信量は無制限に使うことができます。

料金については少し高額に設定されているので割引制度が利用できるか確認しておきましょう。

auやソフトバンクのポケットWiFiとの違いは?

auやソフトバンクのポケットWiFiとドコモのポケットWiFiとの違いは接続先の回線とデータ通信端末に違いがあります。

いつでもどこでも持ち運んでインターネットに接続できるという点については違いはありません。

回線や端末に違いがあるので同じ場所同じ時間帯に利用するシーンにおいて通信速度は異なるでしょう。

通信速度や接続の安定性、田舎などを含めた広い範囲のエリアで使えるという点についてはドコモのポケットWiFiに優位性があります。

auのポケットWiFi

auのポケットWiFiの代表例はWiMAXです。WiMAXはUQコミュニケーションズ社が提供しているモバイルWiFiサービスで、MVNOとしてビッグローブ他様々なプロバイダーが回線を借りてサービスを提供しています。

UQコミュニケーションズはKDDIの子会社となっていますので、auとしてはWiMAXを売出中というわけです。

ソフトバンクのポケットWiFi

ソフトバンクのポケットWiFiは商標登録もしているようにある意味で本家になります。

本来ポケットWiFiといえばソフトバンクのモバイルWiFiサービスで、他社は厳密にはポケットWiFiではなく持ち運び可能なポケット型のWiFiといえます。

ソフトバンクのポケットWiFiの代表例はワイモバイルです。以前はYahoo WiFiといったサービスでした。

現在はワイモバイルでデータ通信サービスを提供しています。もちろん、auやドコモとはライバル関係にありますのでビジネスで競争しています。

まとめ

このページではドコモのポケットWiFiについて解説しました。

ドコモのポケットWiFiを契約する前に確認しておきたい料金プランや端末に関すること、他社のサービスとの違いなどをまとめました。

ドコモのポケットWiFiの契約前に参考になれば幸いです。


投稿日

カテゴリー: